組織概要

海洋エネルギー資源開発促進日本海連合(略称「日本海連合」)は、日本海沿岸の10府県で構成され、日本海・日本海沿岸地域のポテンシャルを活かし、海洋エネルギー資源の開発を加速化させるため、平成24年9月に発足しました。
日本海連合では、日本海のメタンハイドレート、石油、天然ガス(在来型)等の海洋エネルギー資源の開発を促進するため、日本海沿岸の府県が連携して情報収集や調査研究を行うとともに、国への提案等を行っています。

また、国においては、平成25年度から日本海側の表層型メタンハイドレートの資源量調査を開始し、平成28年度以降は、資源量把握に向けた調査結果を踏まえ、資源回収技術調査等を進めることとされています。
この時期を捉え、平成27年11月1日、メタンハイドレートの実用化に向けた開発を加速化させるため、海洋エネルギー資源開発促進日本海連合に青森県、山口県が加入しました。

 

設  立 平成24年9月8日
構成府県 青森県、秋田県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県(12府県)
役 員 会 会   長 : 京都府知事
事務局長 : 新潟県知事
監   事 : 山形県知事、鳥取県知事
事 務 局 新潟県

 

海洋エネルギー資源開発促進日本海連合規約(PDF)>>